小1の壁 小一の壁 小4の壁

ワーキングマザーが直面する小1の壁・小4の壁とは?

小1プロブレム 小1の壁 小4の壁
小1の壁 小4の壁 退職
わあまむ!ワーキングマザー育児応援ガイド
小1プロブレム
わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド>小学校生活 □小学校生活
小1の壁・小4の壁


 保育園からがんばって働いてきたママがつまずく壁が子供が小学校に上がって生活が変わる事。産休・育休を乗り切ってようやく今から本腰入れるぞという方も多いかと思います。そもそも【小1の壁】とは何なんでしょうか?

■延長保育と学童保育の時間の違い

延長保育を実施している保育園では、時間的にお迎えにいくのができたママも学童保育では18時までという時間の違いで勤務先からお迎えにいけないケースも出てきます。学童保育によっては時間以降も預かりを実施しているところもありますが、少ないのが現状です。

時間の違いから、『働き方を変えようか』『辞めてしまおうか』などと悩むママも多いと思います。

■定員がいっぱいで入れないところも・・・

学童保育に入れたいけど、場所によっては定員でいっぱいで希望しても入れない時もあります。今まで保育園で長い時間預かってもらっていた分、自分の住んでいる区域では定員がいっぱいになり順番待ちというケースも多いです。

■お留守番させるのは不安・・

小学校低学年は学校が終わるのはとても早く、小学校からの距離が短いほど(あたりまえですが)早く帰ってきてしまいます。場合によっては午前中だけといった日もあり、一人にする時間はとても多くなってしまいます。小学校低学年のうちは一人でお留守番させるのは不安ですよね。

■まずは周りの情報収集から


小学校に入ってもやはり働かなくてはいけない環境・気持ちならば保育園のうちから、最寄の学童保育の情報収集をしましょう。同じ保育園から学童保育へ行くママ、保育園に預けているママで兄弟(姉妹)が学童に通っている(通っていた)人を探すのもいい方法です。


我が家では・・・
お兄ちゃんが小1の頃は学童保育の時間ギリギリに迎え、どうしてもいけない時はお友達の家に直行で帰るという連絡を学校にして、しのいでいました。
下の子の時は、看護婦さんの友達の家に帰る→友達ママに預ける→おばあちゃん来る・友達ママ出勤→わが子の迎えという形にしていました。入学前からどの様にしていくか話し合っていた事なので意外とスムーズにいきましたが、連絡帳に書いても通学団の先生に伝わっていなかった事も多く、『このルートじゃないよ!』と何度も言われたと言っていました。


■小学校に入学時につまずく他の問題【小1プロブレム】


小学校に入って集団行動がとれない、授業中に座っていられない、先生の話を聞かないなど、小学校入学当初は他の問題も出ています。
この問題は小1プロブレムといわれ、比較的自由に行動できる(トイレに行くなど)保育園・幼稚園と違い、授業中は席を立たない、先生の話は聞くという環境に適応できない子が多くなっている現状です。小1の壁と混同されてしまいますが、小1プロブレムは全く違う意味の言葉です。

昔は数ヶ月で落ち着いて過ごせていたのに、その状態が1年とか長い期間で起こっている小学校も多くなっています。
基本的な生活習慣が身についていないというので、原因として挙げられるのがご家庭でのコミュニケーション不足・保育園・幼稚園の教育不足とも言われてます。


■預け先問題・中学受験がからんだ【小4の壁】


小1の壁を乗り切って次にやってくる問題が小4の壁です、これは自治体が運営する学童保育の多くが、小学4年生以上は対象にならない為に、小学校4年生以上の放課後の預け先がなくなってしまうのです。せめて夏休みだけという声もありますが、まだ対応しきれていない自治体が多い現状です。

他にも、4年生ともなると勉強の問題が出てきます。高学年に進むにつれ勉強についていけなくなる子も多くなってしまいます。
低学年の頃は家に帰ってから勉強を見ていたママ・パパも勉強のレベルが格段にあがりますので、気がついたときには個人懇談の際に勉強の進み具合が遅れていると指摘されてしまう場合もあります。また中学受験をするかどうかでも親のサポートが要る場合があり、勉強をみたり、夜の塾通いのために送り迎えなど、仕事を辞めざるおえない時があります。

我が家では・・・
小4の壁の対策としては夏休みなどはノートを置いておいて、そこにスケジュール・昼ごはんの内容など書き込んでおきました。事前に子どもの夏休みの宿題をプリントで確認しながら、『今日はこれをやっておく』とポスターなどの締切りのある課題・毎日の日誌のやる時間・自主ドリルなど書いておいて、帰宅した後に出来たかどうかの確認と出来なかったものに対して、今度の休日に一緒にやるなど対策を立てていました。

家事などは簡単なものなどは、出来るようになってきますので、洗濯物の取り込みや飲んだコップを洗うなど見本をみせていたら、自然に出来るようになりました。

勉強はテストは必ず見せてもらって、×がついている所を赤ペンで直し、自主勉強ノートでももう一回やるという事をしています。


小学校にあがる事で、色々な問題も出てきます。
【小1の壁】・【小1プロブレム】似て非なる言葉ですが、小学校にあがるという事で、環境が変わってしまう面から色々な弊害が出てきてしまうのは同じです。また【小4の壁】も高学年になるにつれ起こってくる問題です。ひとつひとつクリアにしてお子さんにとって落ち着いた小学校生活が送りたいですね。

小1の壁 小4の壁

小1の壁
学童保育


 TOP わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド || 次>学童保育
Copyright(C)2006- わあまむ!All Right Reserved.