仕事を続けたい

出産 仕事 女性

義務 就業規則
行く休 パパ・ママ育休プラス
わあまむ!ワーキングマザー育児応援ガイド
わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド>妊娠から出産まで □妊娠から出産まで
過去最高!女性で子どもが生まれても仕事を続けたいが9割


 日本能率協会は、新入社員向けセミナーの参加者を対象に、「会社や社会に対し、どのような意識や価値観を持っているか」の調査を行いました。

(期間は2014/3/27〜4/8まで、回答数は男性732人女性は305人が回答)


■子どもが生まれても仕事を続けたいが約9割回答

「子どもが生まれても仕事を続けたいか?」と質問した。

その結果、「ぜひ続けたい」(38.0%)、「続けられる環境がそろえば続けたい」(51.8%)を合わせると89.8%となり約9割の女性が子どもが生まれても仕事を続けたいと回答している。

この数値は2006年から7回実施の中で、過去最高となった。



■育児休暇を取得したい人は全体で約7割 女性は9割を超える

共働きで育児をする場合、「ぜひ育児休暇を取得して育児をしたい」(43.5%)、「会社で前例があれば取得したい」(26.1%)を合わせると69.6%となった。

また、女性の回答は90.5%と、9割を超える女性が育児休業を取得したいと回答した。

全体では7割と伸びてきているが、男性を見ると過去7回とも6割ほどを推移しており、
男性が育児休暇を取得しにくい現状が反映している結果となった。




■男性が取りやすい環境作りが課題

「子どもが生まれても仕事を続けたい」と考える女性の割合は増加しており、育休取得したいと考える人も9割という高い結果になっています。

一方で男性は6割ほどから伸びておらず、育児休暇を取得したくないと考える男性も15%前後と変わりません。

今後男性が育児休暇を取りやすい意識・環境になるには、保育施設の拡充や企業の支援策といった取りやすい環境整備をしていかなければいけません。男性側の意識転換を促す取り組みなどまだまだ課題が多く残されています。

出典:日本能率協会 ニュースリリースより


→関連ページ:育児休業給付金を貰おう!

いつ頃産むべきか?
妊娠の初期症状・兆候
職場への報告
妊娠中の法律
つわりをどう乗り切る?
マタニティヨーガを自宅でしよう
パパ・ママ育休プラス


 TOP わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド || 次>つわりをどう乗り切る?
Copyright(C)2006- わあまむ!All Right Reserved.