共働き 保険

共働きの保険、ワーキングマザーの保険について考える

共働きの家計管理 シングルマザーの家計管理
共働き シングルマザー・ファザー
わあまむ!ワーキングマザー育児応援ガイド
シングルファザーの家計管理
わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド>MONEY □MONEY
共働きの良い保険とは?


 保険を考えるタイミングを逃していませんか?ここでは色々な生活スタイルで考える保険についてお話していきます。

■共働きの場合のリスク

妻に先立たれた場合に子育ての負担がすべて夫にいってしまいます。今まで子育てを分担、または妻が多く担っていた場合は仕事を早く切り上げたり休んだりする事により、今働いている職場に影響が出てきてしまいます。その間のベビーシッター代など負担がかかってきてしまいます。
また妻が亡くなった場合、夫に対して遺族年金は支給されないのです。住宅ローンを支払っている場合、妻が亡くなった後でも変わらず支払っていかなければなりません。その為、家計を2人でまかなっている場合は奥様の死亡保障も用意しておかなければならないのです。

日本最大級の保険比較サイト-保険市場

■妊娠前に入ろう!医療保険

妊娠してから考えればいいやと思いがちな医療保険ですが、妊娠中毒症や切迫流産など妊娠中は入院の可能性が高いため、いざ妊娠してから入ろうとすると加入ができなかったり、制限がついたりします。

制限というのは妊娠中に加入すると子宮が原因による治療の場合(帝王切開含む)、保険金が支払われないのです。

子どもを産んで育てていこうと決めたら、妊娠前に医療保険に入っておきましょう。

安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険

乳がん診断保険金付女性特定疾病医療保険

■子どもの成長に合わせて考える保険

保険といえば、様々なライフスタイルにより違ってきます。家族に何かあったら残された子ども達に必要額を残してあげたいと思って入るのが、定期保険です。

実は子どもが大きくなるにつれ、残すべき金額は段々減っていくのです。入っている保険は払い終わるまで保障額が一緒ならば、見直す価値あります。入っていないならば段々保障額が少なくなる保険に入る事で保険料も安く抑える事ができます。

保険料を安くする秘訣!図解三角のマジック


■学資保険は子どもが生まれるタイミングで

子どもが生まれたら考えたいのが学資保険です。計画的に貯金が出来ないという方は銀行口座から定期的に引き落としされていく事により、計画的に貯まる学資保険がおすすめです。貯蓄性があり、積立て感覚で無理なく教育資金を貯める事ができます。高校入学時に一時金として受け取れ、大学入学に学資年金として1年ごとに受取れる学資保険を紹介します。

がん保険・医療保険・学資保険【アフラックサービスショップ 多摩永山店 (株)プラウド】

■保険勧誘が嫌だからという人は

保険勧誘が嫌だから入っていないという人がいますが、中立の立場のFP専門家ならば、強引な勧誘はありません。もししつこい勧誘があった場合に担当者を変えてもらえるイエローカード制度というユニークなシステムを採用しているところもあります。

≪イエローカード制度≫

家計管理


 TOP わあまむ!働くママ・働きたいママの育児応援ガイド || 次>休日を楽しむ
Copyright(C)2006 わあまむ!All Right Reserved.